名古屋の住みたい場所・住んだ事のある場所

名古屋の住みたい場所・住んだ事のある場所

「名東区に住んでいる」というと

「名東区に住んでいる」というと、「いいところに住んでいるね」とよく言われます。確かに名東区は新しい町で、お洒落なカフェやレストランなども多く、閑静な住宅街といわれる場所もあちこちに点在します。しかも地価や家賃が高く、だから「憧れの町」と言われるのかも知れません。
ですが、わたしが名東区に引っ越してきたばかりの頃は、想像を絶する田舎でした。
と言っても当時はまだ名東区ではなく、千種区の外れだったのですが、とにかく、我が家の周りには何もありませんでした。
あるものと言えば、舗装されていない道路と広大な空き地。田舎といっても田んぼや畑があるわけではなく、見渡す限り何もない空き地だったのです。

その空き地に次々と建物が建ち、気が付けば人に羨ましがられるようなとてもお洒落な町になっていました。
通りに出ればスーパーから喫茶店から病院から何でもあります。通りから一本中に入れば静かな住宅街です。
時々、昔の名残でイタチや蛇などが出てきますが、お洒落で静かなこの町が大好きです。